スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

志田未来&蔵之介&石田ゆり子で「秘密」ドラマ化 

志田未来さんてまだ高校生なのに、夫婦役なんてすごい体験になると思います。
「14歳の母」などの主演もしましたし、難しい役でもこなしているので期待したいですね!

しかし「見た目は子ども、頭脳は大人」な役ですよね・・・。
 東野圭吾氏のベストセラー小説「秘密」が、志田未来(17)と佐々木蔵之介(42)の25歳差の演技派コンビで連続ドラマ化されることが1日、分かった。テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠(金曜午後11時15分)で10月からスタートする。

 突然の自動車事故で妻は死亡、娘は奇跡的に助かったが、その体には妻の魂が宿っていた-。理解しがたい事態に苦悩する夫(父親)と妻(娘)の心情を丁寧に描く。99年に広末涼子、小林薫のコンビで映画化。演技を評価された広末は、映画初主演ながらその年の映画賞を総ナメにした。

 ドラマでは、志田が“母親の魂が宿った女子高生”役に挑む。性を含めた夫婦の問題など大人の女性としての感情表現も求められる難役だ。志田は「娘の時と妻の時の差をちゃんとつけられたらと思っています。変に大人っぽくを意識せず、台本を読んで感じたもの、現場に行ってお芝居をしながら思ったことをそのまま表現したい」という。

 夫(父親)役の佐々木は「僕も未来ちゃんも恐らく簡単には演じられない役。やりがいがある役だと思いました」と話す。映画で共演済みで、志田は「佐々木さんはまっすぐ目を見られると思わずそらしてしまいそうになるくらい“強い目”をお持ちの方。その強さに負けないよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 中川慎子プロデューサーは「『心は38歳、身体は16歳』という難しい設定を可能にしてくれる唯一無二の女優『志田未来』が現代に存在してくれたこと。彼女の初の『妻』という役どころ、今から楽しみでなりません」と志田に期待を寄せる。佐々木についても「さまざまな煩悩に直面する男性の、愛すべき情けなさを表現してくださる方は佐々木さん以外に考えられなかった」と起用理由を説明した。25歳差演技派コンビが、視聴者を「秘密」の世界に引き込むか。


志田未来&蔵之介で「秘密」ドラマ化 - 日刊スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。