スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

古今亭志ん五さん死去 61歳と言う若さで上行結腸がんのため 

61歳で亡くなってしまうなんて、残念です。

今後ももっと活躍できたでしょうが、がんは恐ろしいですね。

落語家としても実力があり、面倒見もよく、とてもすごい方だったのですね。

ご冥福をお祈りします。
 落語家の古今亭志ん五さん(ここんてい・しんご、本名篠崎進=しのざき・すすむ)が28日午後4時16分、上行結腸がんのため都内の病院で亡くなった。61歳だった。

通夜は10月4日午後6時から、葬儀・告別式は同5日午前10時から、いずれも東京都荒川区町屋1の23の4の町屋斎場で。喪主は妻よしみさん。

 志ん五さんは「おなかが痛い」と不調を訴え、今年1月29日に入院。上行結腸がんと診断された。本人に告知せずに2月に手術を受け、その後も入退院を繰り返した。その間に落語会に出演したが、今月27日に出演予定だった紀伊国屋寄席は休演。

9月上席(1~10日)の浅草演芸ホール昼の部に板付き(幕が上がった時に座っていること)で出演したのが最後の高座になった。

 66年に古今亭志ん朝の初めての弟子として入門し、82年に志ん三から志ん五に改名し真打ちに昇進。与太郎もので人気者になったが、最近は師匠志ん朝譲りの人情噺(ばなし)を得意とした。

面倒見も良く、所属する落語協会(柳家小三治会長)では常任理事としてニューリーダー的存在だった。
古今亭志ん五さん死去 与太郎もので人気 - 日刊スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。